データロガーは複数のデータを時系列に沿って記録する装置で、その種類は目的に応じて多岐にわたりますが、広く用いられているのは熱電対による温度計測機能を備えた汎用データロガーです。その構成は計測の対象となる多点のアナログ及びデジタル信号を順次切換えるスキャナー、アナログ・デジタル変換器(A-D変換器)、および各種のデジタル出力装置から構成されています。 そして、今日、自動計測に広く用いられている汎用データロガーは、その主要部分であるA−D変換器の開発からその歴史が始まりました。

デジタルボルトメータ( A−D変換装置) は米国NLS社が最初に開発したとされ、日本にも昭和37年 (1962) に初めて製品が紹介されました。 また、江藤電気株式会社は昭和31年の創業以来A−D変換器の開発を手がけ、昭和33年 (1958) にはわが国最初のデジタルボルトメータ(数字式電圧計)の出荷を開始しました。

データロガー(Data Logger)の名称についてログ (Log) の語源は古く航海中の日付などの記録を丸太に刻んだことに由来すると伝えられています。海難などに備えるためであったかも知れません。近年では、データロガーは計測値を自動的に記録する装置として計測の分野に不可欠の要素となっています。特に、多点の数値化されたデータ列のレコードが時系列的に得られることからコンピュータ上での扱いが容易であり、その用途はデータ処理の分野にも大きく広がっています。

データロガーは当初、いくつかのユニットを組み合わせて構成されました。写真は昭和40年 (1965) 当時のデータロガーで、上から作表タイプライタ、入力スキャナ、デジタルボルトメータ、タイマー、制御インターフェース、電源部などとなっています。日報の出力が主な目的でした。

昭和48年 (1973) にはオール・イン・ワンのデータロガーサーモダックの商標で発売しました。最初のサーモダックE−60Tは各種の熱電対に対応し、入力端子温度の均一化などによる正確な電圧計測、温度計測が特徴でした。

昭和55年 (1980) には可搬性に優れ、かつ、測定チャネルの増設が可能なサーモダック3の生産を開始しました。 1980年頃から始まったパソコンの普及に伴って、以降、インターフェースの強化、計測の多点化、高速化、計測環境の多様化などに対応しながらサーモダックは着実に発展を続け、より信頼性の高く、より使いやすく、より広いニーズに応えられる製品群へと展開していきます。

現在、当社では多様なニーズに応えてサーモダック、キャダック、サーミック の3種類のデータロガーを用意しています。
また、NTTドコモのネットワーク経由で、データロガー用の遠隔計測システムe-keisoku を提供しています。
その他、新製品の熱流センサー S-11A、M-55A、L-33A は、熱の流れをエネルギー値として直読します。


e-mail info@etodenki.co.jp


本社・工場 〒181-0004 東京都三鷹市新川 1-10-16 Tel 03-3305-2211 Fax 03-3305-2220

大阪営業所 〒540-0026 大阪市中央区内本町2丁目1-19 内本町松屋ビル10 Tel 06-4793-8352 Fax 06-4793-8354